何をやっても美白できなかったデリケートゾーンの黒ずみ。

たった2ヶ月で効果を実感できてしまいました。

デリケートゾーンの黒ずみを簡単に解消できた秘密の方法を教えます!

「デリケートゾーンの黒ずみを美白したい!」

「何をすれば黒ずみを解消できるの?」

「美白クリーム、石鹸、美容皮膚科、色々あるけど何が一番いいの?」

 

アソコの黒ずみを解消したいと思ってネットで検索しても「これって本当?」と思うような情報ばかりが出回っています。「美白できた」という口コミ情報や「効果があった」という商品のランキングなどをよく見るけど信用出来なさそうと思ったことはありませんか?

私のデリケートゾーンの黒ずみで悩んでいたので、本当に薄くできる方法を徹底的に調査し続けています。でもほとんどが嘘っぽい情報ばかりなのです。

デリケートゾーンの黒ずみ解消向けの美白化粧品が多くのサイトで紹介されているけど、全部メリットばかり書いてあるし、おすすめされている商品が多すぎて、正直どれを購入すれば良いのかわかりません。

どの商品が効果があるのかなんて実際に使用しないとわからないと感じたので、私たちは実際に黒ずみケア用品を自腹で注文して試すことにしました。本当に効く商品を探すことにしたんです。

至るところで「効果がある!」と噂されている陰部の黒ずみ解消向けの石鹸・美白クリーム・美白ジェルなどを全部注文して、自分たちのデリケートゾーンの黒ずみへ使用してみました。

ここのサイトのランキングは信用していいの?口コミ情報やレビューは本物?

私たちも実際に黒ずみケア用品を購入して、各商品の特徴や使用感をレビューしていますが、ここのサイトの商品情報も他のサイトと同じで嘘なんじゃないかと思うかもしれません。

「本当に購入して試したの?」

「美白できたという口コミレビューは本物?」

「信用しても良いの・・・?」

不安に感じているかたもいると思います。でも信用できるサイトだと胸をはって言える自信があります!

その理由は「本当に自分たちで使って良かった商品だけを紹介していること」です!ここが他サイトと大きく違うポイントです。私たちもあなたと同じようにデリケートゾーンの黒ずみの悩みを持っていました。だから本当に良いもの、情報だけを伝えたいと思っています。

なかでも一番私たちのデリケートゾーンの黒ずみに変化があったのが「イビサクリーム」という商品です。これを2ヶ月(60日間)使用したのですが、チャレンジ期間中毎日アソコの黒ずみを写真で記録していました。

写真で見ると肌の色の変化は一目瞭然です。違いはこちらで確認できるので参考にしてみてください。

デリケートゾーンの黒ずみに専用ケア用品を使用したのは私たち3人

紹介が遅れましたが、デリケートゾーンの黒ずみの悩みを解消できた私たち3人の自己紹介をします。

私はエステサロンで働くズミ子(21歳)と言います。このサロンで働き始めて1年目で、最近やっと仕事に慣れてきました。そして先輩のサキさん(26歳)とユミさん(31歳)の2人です。2人とも面倒見が良くて休みの日は遊びに連れてってくれます。休憩中はいつも美容の情報を教えてくれる頼れる先輩たちです。

エステサロンで働いているため自分たちの美容も徹底しています。毛穴の黒ずみやニキビ、脱毛やダイエットなどキレイになるための情報交換は毎日しています。でもアソコ(陰部)の黒ずみの話は今までしたことがなくて・・・

 

ズミ子(22歳)

彼氏に「ズミ子ってアソコが黒いけど、経験人数多いでしょ?」と指摘されてコンプレックスに・・・。

サキ(26歳)

ズミ子に「サキさんはデリケートゾーンの黒ずみケアしてますか?」と質問されて。

ユミ(31歳)

サキとズミ子がアソコの黒ずみの話をしているのを聞いて、こっそり確認したら自分も黒ずんでいた。

デリケートゾーンの黒ずみケア用品をなぜ私たちは使用しようと思ったのか?

顔のシミやニキビは気になるけど、デリケートゾーンの黒ずみに気づくことってあまり無いと思います。実際エステサロンでも「アソコの黒ずみが気になります」というお客様は少ないですね。

でも1回黒ずみが気になるとコンプレックスになることもあるんです。まじまじと見ない部分なだけに、よく見ると予想以上に黒ずんでいてびっくりなんてこともあります。

私は彼氏に「ズミ子ってアソコが黒いけど、経験人数多いでしょ?」と言われたことがきっかけです。彼氏に言われるまで自分のデリケートゾーンが黒ずんでいるなんて思いもしなかったからショックでした。実際見るとかなり黒ずんでいました・・・。

サキさんは美意識が高いので美容にかけるお金は惜しみません。いつも話題の美容情報を教えてくれる先輩です。サキさんはいつでもむくみ対策出来るようリファも2種類持ち歩いているほど徹底しています。

そんなサキさんなら、アソコの黒ずみについて解消法を知っていると思ったから相談してみることにしました。でも・・・

 

ズミ子(22歳)

サキさんちょっと聞いてくださいよー!

彼氏にアソコが黒いって言われたんですよ。しかも経験人数多いって思われてるみたいなんです。勘違いも良い所ですよ。

サキ(26歳)

え!?ズミ子のアソコって黒いんだ・・・笑

黒ずみは無い方が良いでしょ。彼氏に幻滅されちゃうよ?

ズミ子の話聞いてたら自分も気になってきた。ちょっとトイレで確認してくるね。

サキがトイレから帰って来て・・・

サキ(26歳)

ズミ子大変!私もアソコが真っ黒だった笑

美容に詳しいサキさんでさえ、デリケートゾーンに黒ずみがあるなんて思わなかったです。しかもどうやって美白すればいいのかを知らなかったのです。もう一生陰部が黒いままなのだろうか・・・。

そして、サロンの定休日。

私たち3人はいつもの居酒屋に行きました。

ズミ子(22歳)

あ、サキさん!アソコの黒ずみの話覚えてますか?

サキ(26歳)

ズミ子のアソコが黒ずんでいるって話ね笑

ズミ子(22歳)

サキさんも黒ずんでたじゃないですか!笑

サキ(26歳)

私はズミ子よりはマシだと思うよ笑

あ、ユミさんはアソコの黒ずみとかって気にしたことありますか?

ユミ(31歳)

実は私も黒ずみはあるよ。VIO脱毛したから目立つようになったんだと思う。VラインとIラインが黒いかな。

ズミ子・サキ

ユミさんでも黒ずみってあるんですか!?

ユミ(31歳)

人間だから黒ずみぐらいできるわよ。でもお手入れ次第で解消できるでしょ。最近デリケートゾーンのケア用品も増えてきているし。

ズミ子(22歳)

あ、私アソコの黒ずみを解消する美白美容液とかを探してみたんです。

ネットや雑誌で探すと結構種類ありましたよー!

でも、石鹸とかクリームが全部で21種類もあって、正直どれがいいのかわからないって思いました。どんなケア製品なら効果があると思いますか?

サキ(26歳)

自分で試すのが一番じゃない?

ズミ子(22歳)

21種類も全部買って効果が無かったらお金もったいないじゃないですか。そこまで私リッチじゃないですよ笑

しかも黒ずみケア製品ばかりにお金をかけるのもどうかなーって思っちゃいます。

ユミさんならどうしますか!?

ユミ(31歳)

私はサキの意見に賛成。ズミ子はデリケートゾーンの黒ずみを彼氏に指摘されて悩んでるんでしょ?本気で悩みを解決したいなら行動に移さなくっちゃ。

でもネットで紹介されている黒ずみ解消用品って胡散臭くない!?口コミやランキングも100%信用しない方が良いよ。

サキ(26歳)

ステマとかあるって言いますもんね。自作自演で口コミを書いているって聞いたことがある。口コミ検証するのが大事だと思う!

ユミ(31歳)

そうそう。あと効果の出方も個人差があるし、肌に直接使用するから肌質によっても相性があるよね。だから他人の口コミ情報だけじゃ判断できないってわけ。

ズミ子(22歳)

確かにそうですね!

ユミ(31歳)

やっぱりズミ子が見つけたデリケートゾーンの黒ずみ解消用品を、自分で全部試すのが良いんじゃない?お金かかるけど笑

ズミ子(22歳)

全部試すんですか!?笑

絶対に効果があって肌トラブルの少ないケア用品ってないのかな・・・。1個1個購入してチャレンジするしかないんですよね。

サキ(26歳)

全部試すのがベストなんだけどお金がかかるよね。さすがに21種類買えばかなりの金額になりそう。

ユミ(31歳)

じゃあ皆で買うっていうのはどうかな?私たち3人ともアソコの黒ずみがあることだし、ズミ子が見つけた21個のケア用品を3人で試してみるの。

そしたらお金もかからないし全部の商品を3人が使えるよ。どの商品が効果があって、自分の肌質に合っているのかも身をもってわかるし!

サキ(26歳)

いいですね!私も金欠だったんで助かりますー!

もし良いのがわかったら、私たちと同じように悩んでいる女性にも教えてあげられますしね。

ズミ子(22歳)

ユミさん、サキさん、いいんですか!?感謝しかないです。ありがとうございます!

ユミ(31歳)

よし!早速だけど注文していくよ!

21個の商品をエステティシャン3人が実践!黒ずみ解消効果が高い商品ベスト5

イビサクリーム

東京で人気のブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス」が開発した、デリケートゾーンの黒ずみケア専用のクリームです。女性向けファッション誌でも多数紹介されている実力派美白クリームです。

厚生労働省認定の美白有効成分「トラネキサム酸」を配合していて、デリケートゾーンの黒ずみの原因となるメラニン色素の生成抑制効果が望めます。炎症抑制成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」や、植物由来の天然成分もたくさん配合されています。

敏感肌の日本人女性や赤ちゃんの肌でも使用しやすい無添加処方です。ポーチに入れやすいサイズで持ち運びにも便利です。公式サイトの定期購入だと30%と割引率が大きく送料もかからず、28日間の全額返金保証のサービスがついてきます。

・美白有効成分「トラネキサム酸」や、4種類の美白サポート天然成分がメラニン色素にアプローチ!

・アレルギーや炎症抑制成分「グリチルリチン酸ジカリウム」ができものや肌荒れのない健やか肌へと導く。

・「ヒアルロン酸」や「シロキクラゲ多糖類」など8種類の潤い成分も充実!乾燥対策にもおすすめ。

・5種類の添加物(合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベン)がフリー。

・医薬部外品で国産美白クリームだから、敏感肌の女性や赤ちゃんの肌でも使える。

・解約は電話1本で可能、全額返金保証は28日間!誰でも気軽に購入しやすい。

・シークレット梱包だから「デリケートゾーンの黒ずみケア用品」と家族にもバレずに注文できる。

ハーバルラビット

インスタグラムや雑誌で何度も紹介されていて、モデルさんも愛用している人気商品です。デリケートゾーンの黒ずみケア用品のアンケートで「即効性を実感した商品ナンバーワン」に輝いた実績もあります。

製品成分には、陰部の黒ずみ・ニキビ・乾燥にアプローチするものが配合されています。黒ずみを作るメラニン色素の生成抑制や排泄効果も望める美白ケア用品です。

通常価格は税抜7,000円と割高ですが、定期購入なら税抜4,750円まで割引されます。全額返金保証も60日間と長くしっかりお試しできる商品です。

・「MORE」や「Sweet」など人気ファッション誌で掲載されているVIO専用美白クリーム!

・メラニン生成抑制・排泄の「プラセンタ」、メラニン色素の還元に嬉しい「ビタミンC誘導体」が透明感ある肌へ導く。高級美容液クラスの成分内容。

・5種類の添加物(着色料・アルコール・石油系界面活性剤・シリコン・紫外線吸収剤)がフリー!

・女子力アップに嬉しい野ばらの香りに、可愛いウサギのイラストつきのパッケージ。

・毎月先着1200名限定の定期購入は最大40%オフ&60日間の全額返金保証つき。

ホワイトラグジユミアリープレミアム

ビキニラインや乳首の黒ずみをお手入れする美白クリームです。モンドセレクションを受賞した世界レベルで認められた商品です。最近リニューアルされパッケージがよりお洒落になりデザイン性も優れています。

3種類の形の違う「ビタミンC誘導体」が肌の内側から表面までしっかりアプローチします。黒ずみの原因であるメラニン色素ができる基底層まで届く処方となっています。サラサラとしたクリームでべたつきにくく使い心地も抜群です。敏感肌の女性でも肌トラブルを気にせず使用しやすいです。

先着300名限定の公式サイトの定期コースで購入するとお得です。通常価格は約10,000円もするけど、定期コースなら約6,000円まで割引されます。90日間の全額保証つきです。

・黒ずみ解消効果を実感した人はなんと94.8%!クリームタイプの黒ずみケア用品。

・速効型・中間型・持続型のビタミンCをオリジナルブレンドしているから徹底した黒ずみケアが望める。

・肌の内側まで成分を届けメラニン色素ができる基底層で生成をブロックする。

・ポンプ式からチューブ式に改良されより使いやすくなった。

・初回からずっと4,000円オフ!90日間全額返金保証つきで安心できる。

ヴィエルホワイト

「美のカリスマ」が開発したデリケートゾーンの黒ずみケア専用美容液です。商品満足度93.7%とリピートする人続出の商品です。美容業界でも注目されていてプロ御用達500以上の実力派です。

ビキニラインの黒ずみ・乾燥・毛穴・ニオイの悩み対策におすすめです。リポソーム化製法だから成分の浸透性も高く実感できます。ジェルとクリームの中間であるエッセンスタイプとなっています。化粧性ぐらいサラッとした美容液なので伸びが良く少量で広範囲に塗りやすいです。

定期コースの初回料金はなんと税抜980円(クレジット購入なら税抜780円)、全額返金保証期間も120日間と長いです。ただし最低受取回数が5回なのでここだけは注意してください。

・ビキニラインのトータル美容ケアをしたい女性におすすめの専用美容液。

・べたつくのは嫌、とにかくサラサラとした使い心地が好きな女性に向いている。

・ずっと割引が続く!初回は税抜780円~、2回目以降も税抜4,570円~で購入できる。

薬用アットベリー

脇の黒ずみ・ブツブツ・ニオイ対策向けに開発されたジェルクリームです。デリケートゾーンにも使用できます。2,000名以上のユーザーが黒ずみに使用して効果や肌への優しさ、値段の安さに満足しています。医師監修の美容情報サイトでも紹介されているケア用品です。

高い美肌効果の秘密は独自の「トリプルサンド方式」です。ナノ化した成分が肌の内側へ潤いベールが肌の表面を包み込みます。「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などの配合成分を逃しにくい処方となっています。5種類の黒ずみケア成分も配合されています。

180日間の全額返金保証つきで、会員割引制度だから最大40%オフで購入できます。アフターサポートもあり黒ずみケアの相談ができます。

・脇だけじゃなくビキニラインの黒ずみ解消にも使用できる!

・1個あたり60gとたっぷり入っている!全身の美肌ケアにも惜しみなく使える。

・定期コースの最低購入回数が2回と少ない。奇数月に「雫のピール石鹸」の無料プレゼントがもらえる。

デリケートゾーンの黒ずみに一番効果があったのは「イビサクリーム」!総合評価No.1!

デリケートゾーンの黒ずみに使用して一番解消できたのが、ブラジリアンワックス脱毛サロン発の「イビサクリーム」です!石鹸やジェルよりもダントツで美白効果を実感できました。

イビサクリームが、デリケートゾーンの黒ずみケアに高い効果が望めるのには理由があります。それは高級基礎化粧水や美容液で使用されている美白有効成分「トラネキサム酸」が配合されているからです。

トラネキサム酸は「メラニン色素を作れ!」と指令を出す酵素の抑制作用により、早い段階での黒ずみ解消効果が期待できます。イビサクリームはトラネキサム酸を多く含む陰部専用クリームなので即効性を感じやすいのです。

VIO脱毛に携わるブラジリアンワックスサロンのプロが、お客さんのデリケートゾーンの悩みをもとに開発した美白クリームです。「即効性を実感」「サラサラした使い心地」「肌に優しい」「安い」「全額返金保証つき」と使用者の商品満足度をとことん追求して作られています。

誰でも安くて簡単に綺麗になりたいという想いは同じです!

・デリケートゾーンの黒ずみに即効性が欲しい!すぐ美白したい。

・誰にもバレずにお手入れしたい。自宅ケアで綺麗になりたい。

・肌に負担をかけない刺激物ゼロのケア商品を使いたい。

・でも、あまりお金はかけたくない。

・効果が無ければ商品代を返金して欲しい。

イビサクリームはこんなわがままな願いにも応えてくれるようなデリケートゾーンの黒ずみ解消専用クリームです。

デリケートゾーンの黒ずみ解消商品21個どう違う?効果や成分、値段(送料)を比較

ネットで「デリケートゾーンの黒ずみに効果がある!」と噂されている専用ケア用品、石鹸やクリームなど全21商品を私たち3人で購入して試して見ました。

 

21個のケアアイテムのうち、デリケートゾーンの黒ずみ解消効果が最も高かった上位5商品を比較してみました!

商品名 効果 注目成分 値段・返金保証

1位イビサクリーム
約1週間~2ヶ月
21商品のうち一番美白できた
即効型の黒ずみケア成分
「トラネキサム酸」
4,400~7,000円(税抜)
28日間全額返金保証
ズミ子の感想 21個の黒ずみ解消商品の中で1番美白効果があった。肌刺激もなくて使いやすかった。
サキの感想 8日目ぐらいからトーンが上がり始めた。使えば使うほど美白を実感した。
ユミの感想 予想以上に黒ずみが薄まった。美白スピードの早さがダントツ1位。
商品詳細ページはこちら 公式サイトはこちら
商品名 効果 注目成分 値段・返金保証

2位ハーバルラビット
約1~3ヶ月で解消 潤いと美白に嬉しい「水溶性プラセンタエキス」 4,250~7,000円(税抜)
毎月先着1,200名限定で60日間全額返金保証
ズミ子の感想 黒ずみ解消は実感したけど潤い力の方が高いと思った。スベスベにはなった。
サキの感想 1ヶ月過ぎた頃から徐々に黒ずみが美白され始めた。乾燥肌がマシになった。
ユミの感想 黒ずみに透明感が出てきたがイビサクリームより弱い。デリケートゾーンがハリ肌に変わったのでエイジング対策◎
商品詳細ページはこちら 公式サイトはこちら
商品名 効果 注目成分 値段・返金保証

3位ホワイトラグジュアリープレミアム
約2~3ヶ月で解消 3種のビタミン 5,980円(税込)
毎月先着300名限定!90日間返金保証
ズミ子の感想 デリケートゾーンの黒ずみは2ヶ月半で明るくなった。
サキの感想 劇的な変化は無かったけど若干トーンアップを実感。なめらか肌になった。
ユミの感想 大きさの違うビタミンCが肌の内側から外側までアプローチできる点は評価したい。
商品詳細ページはこちら 公式サイトはこちら
商品名 効果 注目成分 値段・返金保証

4位ヴィエルホワイト
約3ヶ月以上かかる場合あり 浸透性を考えた潤い
美白成分配合
4,395円~9.960円(税抜)
120日間返金保証
ズミ子の感想 3ヶ月ぐらい長期的に使うと美白を実感しやすい。サラッとしていて使いやすかった。
サキの感想 肌の奥までしみ込み水分保持力をすぐ実感できた。
ユミの感想 3ヶ月使用しても変化は無かった。べたつかない使い心地で柑橘系の香りが良かった。
商品詳細ページはこちら 公式サイトはこちら
商品名 効果 注目成分 値段・返金保証

5位薬用アットベリー
上位5商品の中では効果が低め ターンオーバー促進が望める「プラセンタ」 2,980円~6,800円(税抜)
180日間返金保証
ズミ子の感想 パッケージは可愛いし容量が多いのは良いけど、アソコの黒ずみに変化が無かった。
サキの感想 3ヶ月以上使ってやっと透明感が出たかな?毛穴のブツブツはマシになったかも。
ユミの感想 正直美白力は弱い。保湿剤として使用するならコスパは良いと思う。
商品詳細ページはこちら 公式サイトはこちら

デリケートゾーンの黒ずみ解消するならクリームがおすすめ!石鹸や医薬品はなぜダメ?

私たちが使用したデリケートゾーン黒ずみ解消商品だけでも21個ものアイテムがあります。どんなタイプがあるのかというと、

石鹸・ソープ

病院の医薬品(ハイドロキノン・トレチノインなど)

クリーム・ジェル・美容液

大きく3つに分けることが出来ます。全ての商品を使用して「クリーム・ジェル・美容液」が良いことがわかりました。その理由は効果と安全性の高さです!

石鹸やソープのデメリットは何?デリケートゾーンの黒ずみケアにおすすめしない理由

ネットでは「デリケートゾーンの黒ずみにも効く!」と話題の石鹸が販売されています。ランキング系のサイトでは「石鹸の成分を洗浄中に浸透させて黒ずみの原因を抑える」といったような説明がされています。

でも私たちは「石鹸の成分を浸透させることなんて出来るのかな?」と疑問に思いました。

実際デリケートゾーンの黒ずみ解消向けの石鹸を使用しても、毛穴汚れが綺麗になるぐらいで色素沈着を美白できませんでした。石鹸は最終的にお湯ですすぐから、美白成分を肌に留める時間が短く美白効果は弱いのです。

医薬品のハイドロキノンやトレチノインをNG!デリケートゾーンの黒ずみにおすすめできない理由

美容皮膚科などの病院でデリケートゾーンの黒ずみを治療することが出来ます。レーザー治療で治す以外にも、ハイドロキノンやトレチノインを病院で処方してもらって塗り薬などがあります。

ハイドロキノンやトレチノインは医薬品なのでかなり高い美白力が望めます。しかし副作用があることも忘れてはいけません。私もデリケートゾーンの黒ずみに、ハイドロキノンを使用したらヒリヒリしました。炎症とかゆみを起こし色素沈着が悪化してしまったのです。

デリケートゾーンは他の部分より皮膚が薄いため、医薬品だと肌刺激が強い可能性が高くなります。生活に支障が出るほど炎症が酷くなる女性もいるので要注意です。デリケートゾーンの黒ずみが気になっても、敏感肌のかたは医薬品のハイドロキノンやトレチノインをおすすめしません。

デリケートゾーンの黒ずみ解消はなぜクリーム・ジェル・美容液がおすすめなのか?

先ほど、21商品全てを使用してみてデリケートゾーンの黒ずみには「クリーム・ジェル・美容液」がおすすめと言いました。その理由は、ケア用品に配合されている有効美白成分や美肌成分、潤い成分を長時間肌に残せておけるからです。

石鹸のように最後にすすぐことなく大体半日は持続してくれます。しかもクリームなど塗った時と塗らない時では肌のスベスベ感に差が出るから、乾燥肌になりやすい季節でも朝塗って夕方頃までしっとりしています。美肌成分が肌の奥に届いているのがわかる商品もあります。

しかも医薬品のような副作用のリスクもありません。ほとんどのデリケートゾーンの黒ずみ解消クリームなどが無添加処方で出来ているため、肌刺激をかける恐れが低いのです。デリケートゾーン用に開発されたクリームとかなら、敏感肌の女性でも心置きなく使用しやすくなっています。

でも、「クリーム・ジェル・美容液」を使用するとどれぐらい黒ずみに変化があるのか気になるというかたもいるのではないでしょうか?私たちは、デリケートゾーンの黒ずみに美白クリームを使用した時の経過写真を撮っていたので、その変化をお見せしたいと思います。

イビサクリームをデリケートゾーンの黒ずみに使用!私たちの2ヶ月間の肌変化を大公開

デリケートゾーンの黒ずみを解消したいけど、病院に行くのは恥ずかしいし医薬品は怖いから自宅でお手入れする方法を調べているという女性は多いと思います。でも心のどこかで、

「アソコの黒ずみなんて解消できない」
「自宅で美白するなんて無理」
「本当に効果があるのかまだ不安・・・」

と感じているかたもいるでしょう。デリケートゾーンの黒ずみケア自体が浸透していないため、専用のケア用品を購入するのはためらいますよね。「購入しても効果が無かったら嫌だし損したくない」という気持ちはよくわかります。

私たちはエステティシャンという職業もあり美を多くの女性に伝えることが使命だと思っています。だから実際自分たちで試して良かった商品だけを伝えていこうと決めました。そんな私たち3人が使用して1番黒ずみを美白できたのが「イビサクリーム」です。

2ヶ月間使用している間にみるみる3人の黒ずみは美白されていきました。毎日写真を撮って記録していたのでその時のビフォーアフター写真を参考にしてみてください。

ちなみに、私(ズミ子)・サキさん・ユミさんの3人でチャレンジしましたよ!

ビフォーアフター画像を見る

あるデリケートゾーンの黒ずみ解消クリームを2ヶ月間(60日間)塗り続けてみた

デリケートゾーンの美白ケア用品の効果は長期的に使用し続けてこそ効果がわかるものです。そこで私たち3人は2ヶ月(60日)間同じ商品を使用することにしました。

 

それは「イビサクリーム」という陰部の黒ずみケア専門の美白クリームです!

 

イビサクリームは、1日朝晩1回ずつ使用するだけでOK。デリケートゾーンを清潔にしてから塗ることがポイントなので、朝のシャワー後と夜のお風呂上がりに使用しました。

なぜイビサクリームにしたこというと、シミやそばかすケアでも実績のある有効美白成分「トラネキサム酸」が配合されていて、添加物成分フリーだったからです。果たして私たち3人のアソコの黒ずみにどれだけ効果があったのでしょうか・・・?

ビフォーアフター画像で確認!ズミ子・サキ・ユミのデリケートゾーンの黒ずみの変化

私(ズミ子)とサキさんとユミさんの3人は、2ヶ月間イビサクリームを毎日使用した時に自分のデリケートゾーンを写真に撮って記録していきました。イビサクリームを使用してどれだけ黒ずみに変化があったのかわかりやすいので写真を見てもらいたいのですが、際どい部分で恥ずかしいのでこちらのページでは掲載しません。

 

別ページでビフォーアフター写真を紹介しますので、気になるかただけご覧ください。

下のボタンをクリックしたらビフォーアフター画像をチェックできます。

さらにイビサクリームを3ヶ月(90日)使用し続けました。私たちのデリケートゾーンの黒ずみの毎日の変化を細かくチェックできます。イビサクリームを使用して気づいたこともコメントしているので参考にしてみてください。

デリケートゾーンの黒ずみを早く解消できる3つの方法を比較!どれがいいの?

デリケートゾーンの黒ずみはなるべく早く解消させたいですよね。すぐに美白できるとされている方法は以下の3つがあります。

解消法1:皮膚科や美容皮膚科

解消法2:黒ずみ解消専用の石鹸やソープ

解消法3:黒ずみ解消専用のクリーム

これらの3つは、ポピュラーな解消法で多くの女性が実践しています。しかしどの方法が、一番メリットがあるのか気になりますよね。なるべく「早く・安全に・安く」デリケートゾーンの黒ずみを解消したいものです。

そこで3つの解消法の「治るまでの期間」、「痛みや副作用」、「治るまでのトータルコスト」を調べて比較することにしました。

黒ずみが治るまでの期間痛みや副作用治るまでのトータルコスト

治るまでの日数 痛みや副作用 治るまでにかかる費用
皮膚科、美容皮膚科 2週間~3ヶ月 かゆみ・炎症・出血・ただれ 30,000~120,000円
黒ずみ解消専用の石鹸 4~10ヶ月 ほとんどなし 12,000~40,000円
黒ずみ解消専用のクリーム 3週間~4ヶ月 ほとんどなし 4,500~18,000円

皮膚科や美容皮膚科は美白力が高いですが、レーザー治療だと痛みや炎症などの肌トラブルを伴うことが多いです。ハイドロキノンやトレチノインの処方薬の場合は副作用のリスクがあります。保険適用外なので費用が高く、1回だけで治療が終わらず通院する必要があるためトータルコストもかかります。

黒ずみ解消専用の石鹸やソープは、無添加製法のものが多いので肌刺激は低く痛みや副作用のトラブルがほぼありません。しかし成分を洗い流すため効果は弱めで、その分治るまでに日数とコストがかかってしまいます。

黒ずみ解消専用のクリームは、厚生労働省によって効果効能が認められた美白有効成分配合のものだと高い効果が望めます。数週間で黒ずみを解消している人もいるほどです。石鹸と同様無添加処方のものが多く肌や人体への刺激も低いです。即効性を実感できればトータルコストも抑えることができます。

陰部に痛みやかゆみが起きても良いし値段が高くても気にしないから、とにかくすぐに美白したいというかたは皮膚科や美容皮膚科でも良いでしょう。しかしメリットとデメリットどちらも多い方法です。

デリケートゾーンの黒ずみに即効性を実感したいし、安全で安く済ませたいというかたは「黒ずみ解消専用のクリーム」がおすすめです。専用のケアクリームならメリットの方が多いです!

 

ただし、デリケートゾーンの黒ずみ解消のクリームはどれでもいいわけではありません!

 

黒ずみ解消スピードが速く肌に優しく値段が安いクリームを選ぶことが大切です。全額返金保証サービスがついているとより安心感があります。

 

でもそんなクリームは売っているのでしょうか?

実はあるんです!それは・・・

私たちが実践してわかった!最もオススメのデリケートゾーンの黒ずみ解消クリーム

私たち3人は「絶対デリケートゾーンの黒ずみを解消してみせる!」という想いのもと、アソコの黒ずみケア専用のクリームや石鹸を全部で21種類購入しました。そして実際自分たちの黒ずみに塗って試していきました。

「最も早く黒ずみ解消できた」
「厚生労働省認定の美白有効成分配合」
「添加物フリー、日本製で安全性も高い!」
「商品の値段が安い。送料・手数料も無料」
「全額返金保証つき」

全ての条件をクリアした美白クリームを見つけることができました。

それが、「イビサクリーム」です!たくさんのデリケートゾーンの黒ずみの悩みをもつ女性たちを救った、総合評価ナンバーワンケア商品です。

陰部の黒ずみの解消効果を「2倍」にする裏技がある!?クリームの効果的な使用法

アソコの黒ずみケア専用商品は使用方法が決まっていて、公式サイトや商品の説明書に記載されています。最初は正しくクリームを使用していたんですが、使っているうちにもっと効果を実感する方法を発見しました。

これは私たち3人が独自で実践している裏技的な美白クリームの使い方です。「自称、陰部の黒ずみを2倍にする専用クリームの使用法」なので、気になるかたは是非チャレンジしてみてください!

デリケートゾーンの黒ずみ解消で重要なポイントとは何か?

デリケートゾーンの黒ずみは、肌の奥でメラニン色素が溜まって起こります。黒ずみ解消専用のクリームには、メラニン色素を抑える美白成分が配合された商品が多いです。

したがって、「クリームの美白成分をメラニン色素に届けること」が大切になります。ただ普通にクリームを塗るだけでは、表面だけしか美白成分が残りません。メラニン色素まで美白成分を届けやすくするためには以下のステップを踏んでみてください。

ステップ1.洗浄力の優しい石鹸でデリケートゾーンを洗う

ステップ2.水気をタオルしっかり拭き取る

ステップ3.すぐに黒ずみ解消クリームを塗る

とくに美白クリームを塗る前に洗浄するところが大切です。より成分が浸透しやすくなる、衛生的にケアできるメリットがあるからです。

さらにデリケートゾーンの黒ずみを美白したいと思う場合は、私たちが2倍の効果を実感できた裏技をおすすめします。家にあるものを使用して簡単に出来る方法です。

 

それは・・・。

黒ずみの美白効果が2倍!?自称、専用クリームの使用法と塗り方の重要ポイント

デリケートゾーンを洗ってから専用クリームを塗るよりも、もっと美白成分の浸透力を実感したいというかたのために私たちが発見したある裏技をお教えします。

クリームの唯一の欠点は下着への付着です。せっかくクリームに塗ってもショーツに付くと効果が減ってしまう可能性があります。ハンドクリームを使用した時、寝る前に塗っても翌朝クリームが取れていたという経験はありませんか?デリケートゾーンのクリームも時間の経過とともに下着に付着して取れることが多いです。

そこで私たち3人は、黒ずみの部分とショーツの間にラップを挟んでみることにしました。ショーツにクリームが付きにくくなり、長時間肌に美白成分を留めやすくなると考えたからです。

ラップを使用した裏技を実践してみたところ、これが大正解!寝る前に塗ったクリームが翌朝まで肌に残り、ラップ無しの時よりしっとり感が上がっていたのです。美白成分が浸透したのか透明感も出やすくなっていました。

ただ分厚いラップを使用すると違和感があったりムレを感じてかゆみを起こす可能性があります。値段の安い薄めの素材でできたラップがおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみに2倍効果が望める!自称、専用クリームの使用手順

どうやってデリケートゾーンの黒ずみに美白クリームとラップを使用するのか詳しく解説したいと思います。

専用美白クリームとラップの使用手順

手順1.デリケートゾーンを専用石鹸でていねいに洗浄

手順2.柔らかいタオルで優しく水気をふき取る

手順3.黒ずみ解消クリームを気になる部分に塗りこむ

手順4.クリームを塗った黒ずみ部分にラップを貼る

手順5.ゆったりと下着を身に着けて寝る

ラップを貼るのは夜寝る前がおすすめです。日中は活動量が多く朝貼るとラップがズレやすくなるからです。寝ている時にアソコの黒ずみを集中ケアしていきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみが出来る4個の原因

黒ずみ(メラニン)を作りやすくする外部刺激には、下着・ナプキン・脱毛・ゴシゴシ洗いなどがあります。ちょっとしたことでメラニン色素は発生してしまいます。乾燥肌のかたや不規則な生活をしているかたも黒ずみを作りやすいです。具体的な黒ずみの原因を見て行きましょう。

原因1.摩擦

デリケートゾーンの色素沈着は下着・ナプキン・スキニーパンツなどの肌摩擦が原因で起こりやすくなります。これは「メラニン色素の沈着」を起こしているからです。肌を守る働きをもつメラニンは、で「摩擦刺激」を受けると発生します。顔のシミも同じメカニズムで紫外線のダメージから守るためにメラニンは発生するのです。

デリケートゾーンはまぶたより皮膚が薄くデリケートな部分のため、座っているだけでも刺激を受けてしまいます。防衛反応が強く働きやすくなりメラニンがたくさん出やすくなります。メラニンが蓄積すると外からは黒く見えるため黒ずみができるのです。黒ずみは生理的な現象なので健康な人でも起こります。角質が分厚くなるとさらに黒ずんで見えます。

原因2.乾燥

顔やボディが乾燥するようにデリケートゾーンも乾燥します。肌の中の水分量が減ると起こるのですが、VIO脱毛・気候の変化・睡眠不足・加齢などが原因です。肌の水分が無くなるとバリア機能も低下するため、下着やナプキンなどの肌摩擦に負けてメラニン色素が多く出やすくなります。

とくに間違った脱毛方法は乾燥肌を招くため、保湿ケアをしないと黒ずみが悪化しやすいです。乾燥はターンオーバーも乱すので要注意です。

肌の生まれ変わりが早いと未成長の皮膚細胞が表面に押し上げられるため摩擦刺激に弱くなります。逆に古い皮膚細胞が残ったままだとメラニン色素がずっと肌に溜まるため黒ずみが治りにくくなります。

デリケートゾーンの乾燥は石鹸やボディソープが原因かもしれない!?

市販品の石鹸やボディソープが原因でデリケートゾーンが乾燥している可能性もあります。石鹸やボディソープは原価が安いのに泡立ちの良い「合成界面活性剤」を配合したケア製品が多いです。合成界面活性剤は水と油を馴染ませ、皮脂を洗浄するための洗浄成分ですが、必要な皮脂まで洗浄し過ぎてしまいます。

値段が安く洗浄成分の強い石鹸やボディソープで洗っていると、乾燥を招きやすくなるのです。バリア機能の低下・色素沈着の悪化・ニオイやかゆみなど、あらゆる肌トラブルに繋がります。製品を長持ちさせるために防腐剤を使用したものもあり肌刺激をかけやすくなるため要注意です。

デリケートゾーンや膣口のある粘膜近くを洗っている時ヒリヒリとする場合は、石鹸を見直した方が良いでしょう。

原因3.炎症やかぶれ

デリケートゾーンは経血・おりもの・汗が溜まりムレやすい部分です。そのためかぶれやかゆみ、炎症などの肌トラブルを起こす可能性があります。ヒリヒリ感やかゆみが強く掻きむしったことが原因で、摩擦刺激をかけて黒ずみやすくなります。

顔のニキビを潰した時、ニキビ跡が残るのと同じ原理です。掻かなければ良いですが寝ている間無意識にかいてしまう時は対策できませんよね。

カミソリや除毛クリームで、自己処理すると肌が傷つくと炎症を起こすので要注意です。とくにカミソリは毛先がとがり、生えかけのアンダーヘアがチクチクしてかゆみを起こしやすいです。脱毛サロンの光脱毛や病院のレーザー脱毛も火傷を起こすと色素沈着に変わります。

原因4.ホルモンバランス

デリケートゾーンの黒ずみは、肌のターンオーバーを左右する女性ホルモンの乱れも関係しています。女性ホルモンは妊娠・出産・閉経・ダイエット・生活習慣の乱れで崩れやすいです。

ホルモンバランスが乱れて肌のターンオーバーが遅れると、黒ずみが溜まった皮膚がなかなか新しく生まれ変われなくなるからです。新しくてキレイな肌が再生されるのに時間がかかってしまいます。まだ古い黒ずみが排泄されていないのに、次の黒ずみができどんどん黒くなってしまいます。

ターンオーバーは加齢でも遅れる

年齢を重ねると肌のターンオーバーは遅くなっていきます。20代女性のターンオーバーは28日周期が平均ですが、30代ごろから周期が長くなっていき50代になると2~3週間も遅れる人が多いです。そのため黒ずみが治りにくく感じます。若い頃より傷の治りが遅くなるのもターンオーバーが関係しています。

妊娠・出産でホルモンバランスが崩れる場合

妊娠や出産後にデリケートゾーンやバストトップの色素沈着を気にする女性は多くいます。これはホルモンバランスが原因です。生理や閉経でもホルモンバランスは乱れるため黒ずみやすくなります。とくに妊娠してから出産までの期間は女性ホルモンの「エストロゲン」がたくさん分泌されます。

エストロゲンは肌を守るために、黒ずみの原因となるメラニンを放出しやすくします。メラノサイトを刺激し働きを活発にするため黒ずみが濃くなるのです。生理周期も女性ホルモンが変化して起こります。

妊娠や出産時の陰部の黒ずみは徐々に薄まっていくので、そこまで気にしなくても大丈夫ですが、出産後に美白クリームなどでお手入れしておくとより綺麗な肌に戻りやすいです。

デリケートゾーンの黒ずみ8個の解消・対策方法

デリケートゾーンの黒ずみを解消する時のポイントは2つあります!

肌刺激をかけない

黒ずみ(メラニン色素)を出来にくくするため

ターンオーバーを整える

黒ずみ(メラニン色素)を排泄しやすくするため

「新しい黒ずみを作らせないこと」と「今ある黒ずみを解消すること」が大切なのです。この2つのポイントを押さえた黒ずみの対策法は、日々の生活の中で簡単に行えます。

対策法1.保湿ケア

「デリケートゾーンの黒ずみは乾燥によって起こる場合がある」とお話しました。デリケートゾーンの保湿ケアも忘れずに行いましょう。保湿+美白ケアが望める専用の美白クリームがおすすめです。毎日お手入れすると乾燥が軽減しやすくなります。

保湿ケアをするタイミングは3つあります。

タイミング1.お出かけ前

仕事に行く前の身支度の時間に保湿ケア方法を行って、バリア機能を高めておくと良いです。日中は身体を動かすため下着の摩擦や圧迫刺激を受けやすくなるからです。潤い成分が肌を外部刺激から守ってくれます。朝にシャワーを浴びる場合は、デリケートゾーンを洗浄した後に保湿ケアしてください。

タイミング2.お風呂上がり

入浴するともともと肌にある天然保湿因子(NMF)が流れ落ちてしまいます。乾燥肌の状態なので色素沈着ができやすくなります。24時間後にNMFは回復しますが、その間に下着やトイレットペーパーなどで摩擦刺激を受けるため、肌を守るためにメラニン色素が生成されやすくなります。入浴後はボディクリームを塗るように保湿ケアをしましょう。

タイミング3.VIO脱毛の前後

アンダーヘアの脱毛前後の保湿ケアは、カミソリや電気シェーバーの自己処理でかかる肌刺激から守ってくれます。脱毛処理をする前に保湿すれば保護力が高まり、脱毛トラブル予防が望めます。

脱毛後も肌がダメージを受けているので、角質にしっかり水分を補うようにしましょう。乾燥や黒ずみの悪化を防げます。光脱毛やレーザー脱毛も肌刺激をかけているので、脱毛施術を受けている女性も日々の保湿ケアはした方が良いです。

デリケートゾーンの保湿ケアの注意点

粘膜部分にクリームを塗るのはNGです。粘膜部分は膣口が近くとくに皮膚が薄く経皮吸収の危険性もあるからです。薬局やドラッグストアの市販品で購入できるワセリンやニベアなどのスキンケア用クリームは値段が安いですが黒ずみ自体の解消効果はありません。

ニベアなどは保湿ケアによる乾燥対策用のアイテムだからです。市販品の多くはデリケートゾーン専用商品でもないので肌負荷をかける可能性もあります。

対策法2.石鹸

デリケートゾーン専用の石鹸を使用すると乾燥や黒ずみ対策になります。陰部専用石鹸は合成界面活性剤不使用のものも多く、必要な皮脂を残しつつ優しく洗浄できるからです。

専用石鹸には、デリケートゾーンや膣まわりと同じpHの弱酸性タイプ、潤いを守るアミノ酸系タイプ、ハーブを使用したジャムウ成分配合タイプなどがあります。なかには黒ずみケア成分を配合した美白効果も望める石鹸も販売されています。

合成界面活性剤や防腐剤フリーのものが肌に優しくおすすめです。陰部専用石鹸は2,000~3,000円するので、薬局やドラッグストアの石鹸やボディソープより値段は高いですが、肌への負担を減らすなら使う価値があります。

毎日継続して使用し続けるとゆるやかな美白ケアが期待できます。かゆみやニオイ対策には、石鹸で即効性を実感している女性も多いです。

対策法3.美白クリーム

デリケートゾーンの黒ずみ解消を家でするなら専用の美白クリームが活躍します。ワセリンやニベアには無い美白成分が配合されていて、添加物フリーの製品が多いです。

とくに人気No.1のイビサクリームのように厚生労働省認定の薬用成分配合の医薬部外品がおすすめです。黒ずみの原因のメラニン色素の抑制・炎症の抑制・ターンオーバーの正常化などが期待できる成分が入っています。

効果の実感は高いですが、値段も5,000~10,000円と少しお高めです。美白クリームは黒ずみ予防ではなく積極的な改善方法なので、即効性が欲しい人に向いています。

デリケートゾーンの黒ずみに美白クリームを使用する時の注意点

薬局やドラッグストアには美白系の化粧水やクリームがたくさん売られていますが、これらは顔用やボディ用のスキンケア用品なのでデリケートゾーンにはおすすめしません。顔やボディには問題なくてもデリケートゾーンには刺激を与える可能性もあるからです。

なかにはアルコール配合の化粧水やクリームもあります。肌へ負担をかける添加物のせいで黒ずみが悪化する危険性も考えられます。デリケートゾーンには添加物に配慮された専用の美白クリームを使用するようにしましょう。

そして使用方法を守り毎日ケア方法を継続することが大切です。ビキニラインはメラニンが活発なので人によっては効果の実感に2~3ヶ月かかる場合もあるからです。デリケートゾーンは水分保持力が弱いため化粧水は必要ありません。専用の美容クリームや美容液だけでも充分お手入れできます。

デリケートゾーンの黒ずみ解消クリームは薬局やドラッグストアで購入できるの?

「デリケートゾーンには専用の美白クリームがおすすめ」と言われても、薬局やドラッグストアであまり見かけませんよね。基本的にデリケートゾーンの美白クリームは通販メイン販売されているため、薬局などの市販品では取扱いがありません。

私たちが使用した21商品もほとんどが通販限定商品でした。通販は不安でしたが全額返金保証のついた商品が多くて、「もし合わなかったら返金してもらえる」という安心感がありました。

返金保証は商品代がキャッシュバックされるサービスです。保証期間や条件はメーカーによって違うので、確認してから購入するようにしましょう。

対策法4.洗い方

デリケートゾーンのニオイやムレ、汚れが気になってついゴシゴシ洗浄してしまう人もいると思いますがコレはNGです。でもデリケートゾーンは皮膚が薄く敏感な部分なので、刺激を与えないように優しく洗浄してください。洗浄力が強いと善玉菌を洗い過ぎて悪玉菌の増加を招き、黒ずみ・ニオイ・かゆみの原因になります。

洗い方の手順は以下の通りです。

デリケートゾーンの正しい洗浄方法

手順1.ぬるま湯で汚れを落とす

手順2.泡立てネットで泡立てる

手順3.デリケートゾーンに泡をのせて指の腹で優しく洗う。(泡パックもおすすめ)

手順4.ぬるま湯で泡をていねいにすすぐ

アミノ酸系ソープ・弱酸性石鹸・ジャムウ石鹸などの陰部専用のものがおすすめです。

性器は入り組んだ構造をしているため膣まわりのひだのすき間も細かく泡で洗ってください。おりものや経血、トイレットペーパーのカスが残りやすい部分です。ボディ用タオルで洗うと肌に負担をかけるため手指で洗浄するだけでOKです。

黒ずみ・ニオイ・ムレの気になる部分は泡パックをおすすめします。泡パックの時間は石鹸によって目安時間が10秒~3分と違うので説明書通り使用してください。

40度ほどの熱いお湯ですすぐのは洗浄力が強いのでNGです。デリケートゾーンの肌環境を守る善玉菌まで洗浄してしまうので、38度ぐらいのぬるま湯がおすすめです。すすぎ残しは石鹸カスが残り雑菌繁殖して、かゆみやニオイの原因になります。バリア機能が低下して乾燥や黒ずみも起こしかねないので注意してください。

対策法5.下着

デリケートゾーンは下着の摩擦や圧迫感で黒ずみやすくなります。専用の美白クリームを使用しても改善されにくい場合は下着の素材やサイズを見直してみてください。黒ずみにくいショーツの選び方を見て行きましょう。

選び方1.素材

ショーツは常に肌に触れるものなので、なるべく肌当たりの良い素材を選んでください。通気性に優れ摩擦刺激をかけない綿やシルクがおすすめです。

ポリエステルやナイロンのような合成繊維は、肌当たりが悪く摩擦刺激をかけて黒ずみを濃くする可能性があります。通気性も悪くムレやすいためニオイやかゆみの原因にも繋がるのでおすすめできません。

選び方2.サイズ

ショーツのゴムに圧迫されてビキニラインに黒ずみが出来る女性も多いです。ガードルも肌を締めつけるので気を付けましょう。ゴムが細いと圧迫感が高くなるので、平たいゴムの下着やレースタイプがおすすめです。

小さいサイズのショーツも摩擦や圧迫感があるため、体を動かしやすいゆとりのあるサイズかどうか確認してから下着を購入すると良いでしょう。

下着の購入時は試着して素材とサイズを確認することが大切です。

ナプキンやトイレットペーパーでも対策

下着だけでなくナプキンやトイレットペーパーの摩擦も黒ずみにつながります。生理中のデリケートゾーンは肌が敏感になっているし、経血が残って衛生環境も悪化しています。安価なナプキンは摩擦力も高く、かゆみや炎症を起こすためあまり肌に良くありません。オーガニックコットンを使用したナプキンや肌触りの良いものをおすすめします。

トイレットペーパーも柔らかい素材にすると良いです。デリケートゾーンへの負担を軽減することで黒ずみ対策となります。

対策法6.脱毛

デリケートゾーンのムダ毛が気になって自己処理をしている女性は多いですが、肌刺激が強く乾燥や黒ずみに繋がります。正しい脱毛方法をするようにしましょう。正しいアンダーヘアの脱毛法を解説します。

脱毛手順1.アンダーヘアをカット

アンダーヘアが長いままカミソリや電気シェーバーの自己処理は、ムダ毛が絡まり引っ張って肌にダメージを与えてしまいます。仕上がりが綺麗にならないのであらかじめ、長い毛はハサミでカットしておきましょう。

脱毛手順2.脱毛前に保湿ケア

カミソリや電気シェーバーの自己処理は見えない傷を肌につける可能性が高いです。脱毛処理をする前はシェービングクリームと別に保湿ケアも行います。ニベアやワセリンも保湿ケアできますが、デリケートゾーン専用のクリームの方が肌に優しく安心です。

脱毛手順3.シェービングクリームを使って脱毛

敏感肌用のシェービングクリームを使って脱毛します。石鹸の泡で脱毛する女性がいますがコレはNGです。男性の髭剃り用のシェービングクリームもデリケートゾーンに肌刺激となるので使用しないでください。

そして上から下方向に向かってカミソリや電気シェーバーをあてます。ムダ毛の流れに沿って脱毛すると肌への負担を軽減できるからです。下から上に向かって脱毛すると炎症・できもの・出血などの恐れがあるので気を付けましょう。

脱毛手順4.保湿ケア

脱毛後は肌にダメージがかかっているため保湿ケアを忘れないでくださいね。これはムダ毛処理で欠かせない大切なことです。

デリケートゾーンのムレ対策などでムダ毛を自己処理している女性も多いですが、肌に負担をかけたくない人は脱毛サロンのフラッシュ脱毛や美容皮膚科のレーザー脱毛をおすすめします。脱毛サロンや皮膚科で施術を続けると毛が生えにくくなるため、脱毛回数や肌の負担が減るからです。

口コミ評判の良い脱毛サロンや美容皮膚科で、VIO脱毛施術を行っているところを探してみてください。IラインやOラインは皮膚の薄い粘膜部分にも近いので、慎重に皮膚科選びをしましょう。

 対策法7.生活習慣

デリケートゾーンの黒ずみはターンオーバーによって徐々に薄くなることもあります。ターンオーバーを正常に働かせるために、生活習慣を正してホルモンバランスを整えることが大切です。

生理・ストレスや疲労・ダイエットなどで、女性ホルモンは崩れがちになります。しっかり睡眠をとってバランスの良い食事をとりましょう。ストレスや疲れも溜めないためにします。

デリケートゾーンの黒ずみを食事で対策する方法

とくに食事習慣を整えしっかり栄養を与えると、ターンオーバーが整いやすくなったり美肌効果も望めます。どんな栄養素や食材が黒ずみ解消におすすめなのでしょうか?

デリケートゾーンの黒ずみ対策は肌を整える効果が望める食品がおすすめです。タンパク質・ビタミンC・鉄分は積極的にとりたい栄養素です。

栄養素1.タンパク質

皮膚や髪の毛、筋肉を作るタンパク質は黒ずみ解消に欠かせない栄養素です。美肌効果が期待できるコラーゲンもタンパク質で出来ています。肉・魚・卵・乳製品の動物性タンパク質や、大豆製品・穀物・野菜に多い植物性タンパク質をバランス良く食べましょう。食事だけでタンパク質がとれない時はプロテインでサポートすればOKです。

栄養素2.ビタミンC

ビタミンCは黒ずみの原因となるメラニン色素のストッパーとなります。美白クリームに配合されている美白成分「ビタミンC誘導体」と同じように、黒くなった色を薄く還元する作用も望めます。タンパク質と同様コラーゲン生成にも関わる栄養素です。

野菜や果物に多いですし、アセロラジュースにも含まれています。安くて入手しやすいサプリメントも不足を感じた時に活用してください。一度に摂取しても尿に溶け出やすいので、用法用量を守ってこまめに摂取すると良いでしょう。

栄養素3.鉄分

鉄分は血液の中で酸素を運ぶため血行促進効果が望めます。老化の原因になる活性酸素を取り除き、代謝アップする作用も期待できます。鉄分もコラーゲンの生成に関わっている栄養素です。

鉄分は汗で流れやすく生理中は経血が出るため、女性はとくに不足しがちです。ほうれん草・小松菜・ひじきのような野菜や海藻にも含有されている「非ヘム鉄」は、単体では吸収しにくいため「タンパク質」と「ビタミンC」の栄養素を一緒に摂取することが大切です。

牛・豚・鶏のレバーや、カツオ・イワシなどの動物性の「ヘム鉄」は、単体でも体内に取り込みやすい栄養素です。サプリメントでも補えます。

対策法8.美容皮膚科

美白クリームを塗っても、洗い方や下着を見直しても、デリケートゾーンの黒ずみが改善されない場合は美容皮膚科の受診をする方法もあります。美容皮膚科では、レーザー治療や処方薬で治療します。これは最終手段にした方が良いです。

皮膚科ではどんな治療で黒ずみ解消できる?治療内容と費用や期間

美容皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみを治療するのは最終手段と言いました。セルフケアで限界を感じた時は病院治療を考えるかたも多いです。確かに専用石鹸や美白クリームは毎日コツコツ使わないといけないし、下着のサイズや食事内容を見直しても効果が出るのに時間がかかってしまいます。

手っ取り早くアソコの黒ずみを解消するなら、美容皮膚科のレーザーや処方薬で治療する美白方法も良いでしょう。しかし美容目的なので保険外治療となり費用は高額です。何度も通院しなければいけないというデメリットもあります。

皮膚科の治療内容と費用や期間の表

費用 治療にかかる期間 効果や特徴
外用薬 約30,000円/月 半年~数年 メラニン色素の抑制・還元・減少
内服薬 約2,000円/月 半年~数年 効果は弱いのでレーザーや外用薬と併用される
レーザー治療 約15,000円/回 約10回 メラニン色素を破壊するため効果が高い
ケミカルピーリング 約30,000円/回 約8回 黒ずんだ角質を剥がしターンオーバーを促進させる
手術 約300,000円 日帰り手術
経過観察で要通院
黒ずんだ皮膚を物理的に切除するため効果が高い

病院でのデリケートゾーンの黒ずみ治療は具体的にどんなことをするのか、費用や期間はどれぐらいかかるのかチェックしていきましょう。

治療法1.医薬品

医薬品には黒ずみに直接塗る「外用薬」と、体内からアプローチする「内服薬」の2種類があります。高い効果が望めるけど副作用の心配もある治療法です。

 外用薬

病院のデリケートゾーンの黒ずみ治療では「ハイドロキノン」と「トレチノイン」という塗り薬を処方されることが多いです。ハイドロキノンは美白作用が高く肌の漂白剤とも呼ばれています。トレチノインは美白成分ハイドロキノンの浸透性アップ、ターンオーバーの促進効果が望めます。

メラニン色素の作りにくくすることで数を減らす効果や、メラニン色素の色を薄める効果が期待できます。レーザー治療やケミカルピーリングと一緒に処方される可能性もあります。医薬品なので美白作用も強い反面、肌の一部が白抜けする白斑などの副作用も懸念されています。

 内服薬

体内から陰部の黒ずみにアプローチする治療法もあります。薬局やドラッグストアのビタミンサプリよりも高い効果が望めます。メラニン色素を軽減が望める「ビタミンC」や「トラネキサム酸」や、ターンオーバー促進が望める「ビタミンE」が処方されます。

治療法2.レーザー治療

メラニン色素を取り除くレーザーをあて、肌の奥にあるメラノサイト自体を破壊する方法です。壊されたメラノサイトはターンオーバーによって徐々に排泄されます。何度もレーザーを照射して黒ずみを薄くします。肌へのダメージはそこまで強くありませんが、何度も通院する必要があります。

治療法3.ケミカルピーリング

酸性のチカラを利用して黒ずみのある古い角質を削り取ります。ターンオーバーが早まる効果が望め素早い黒ずみ改善に繋がります。デリケートゾーンの皮膚は敏感なので肌ダメージがかかりやすいです。医師と相談して慎重に治療を進めましょう。

治療法4.手術

おもに「小陰唇縮小手術」と「大陰唇縮小手術」があります。黒ずみのある部分を切除する方法です。手術なので本当に最終手段なので実際行う人も少なく、病院でもあまりすすめられません。肥大した大陰唇や小陰唇が摩擦刺激によって黒ずんでしまう女性や、アソコのエイジング対策をしたい女性が手術を受ける傾向にあります。